talesleaves-dev

諸々の開発のメモ。画像は面倒

Windows10にVirtualBox+Vagrantをインストールする

Vagrantとは

Vagrant仮想マシンをコンテナのように管理するためのツールです。
環境の構築手順や設定を様々なローカル環境でも共通化できるため、開発・テストの環境の管理で特に威力を発揮します。
テストを繰り返し行ったあとにクリーンな環境に戻したり、新しい条件を追加した別の環境を作ってテストをする、などの場合に、負担を大幅に削減できます。
ここではインストールまでと、最初の仮想マシンを作成する前に設定しておくと後々助かるデータの保存場所を設定しておきます。

Vagrantと仮想環境(provider)

Vagrant自体はあくまでも仮想マシンをコントロールするためのツールですので、仮想環境自体を実現にするには別途にソフトが必要です。
仮想環境を提供してくれるソフトをVagrantではproviderと呼び、それへの設定等もVagrantから(ある程度まで)管理できます。
VagrantのデフォルトではVirtualBoxが選択されており、機能面やコスト面でも優れているため、他のソフトを考慮する必要は基本的にはないかと思います。
当然ながら、Vagrantは代表的な仮想環境をフォローしており、設定変更で他のソフトも使用できます。
ここではデフォルトのVirtualBoxを使用します。

Windows10にVirtualBoxを導入する場合の確認

Windows10でVirtualBoxを利用する場合、あらかじめHyper-Vが無効であることを確認してください。
Hyper-VVirtualBoxはCPUの技術で競合しており、どちらかしか使用することが出来ません。

VirtualBoxのインストールと設定

インストール

Downloads – Oracle VM VirtualBox
Windowsの場合、上記からインストーラーをDLしてインストールするだけです。
すぐに基本の設定を変更するので、インストール後に起動するにチェックをしておきます。

VirtualBoxの環境設定

初期設定では、Windowsのユーザーフォルダに仮想マシンのデータを格納してしまいます。
仮想とはいえOSのインストールを行うため、データの容量は大きくなりがちです。
仮想マシンを構築する前に、環境設定>一般から、デフォルトの仮想マシンフォルダーを起動ドライブ以外の場所へ変更しておきます。

ひとまず終了

VirtualBoxでの設定は以上です。
ひとまずVirtualBoxを終了させます。

Vagrantのインストールと設定

インストール

Download - Vagrant by HashiCorp
上記からインストーラーをダウンロードしてインストールします。


インストール(アップデート)時のフォルダ選択
フォルダ選択の後、数分間見た目上の反応がなくなります。
それでも動作はしていますので、コーヒーでも飲みながらお待ちください。
少々のコーヒータイムのあと、すぐに再起動するかを尋ねられますが、NOを選択して再起動を保留して、Vagrantが使用するデータを保存する場所を変更しておきましょう。
Vagrantも初期設定ではVirtualBoxの時と同様にユーザーフォルダに諸々のデータを保存してしまいますので、起動ドライブ以外の任意の場所にVagrant用のフォルダーを作成します。
Win+PauseBreak*1>システムの詳細設定>環境変数で、変数名VAGRANT_HOMEとして、作成したフォルダのパスを設定します。
再起動すると、環境変数Vagrantコマンドが有効になります。

Vagrantに適用される環境変数
このVAGRANT_HOMEのほかにも、環境変数から設定できる項目がいくつかあります。
Environmental Variables - Vagrant by HashiCorp

インストール確認

Vagrantコマンドラインツールですのでコマンドを入力することになりますが、Windows10の場合はPowerShellを利用するのがおすすめです。

> vagrant -v

と入力してバージョンが表示されればインストールは完了です。

*1:このショートカットは知らなかった